« 市井の人 | トップページ | すでに色づきて…。 »

秋の宵

Img_3726 重陽の節句に相応しい、爽やかな一日だった。

今年も秋が来るのだと、ようやく信じられる。

人間より早く、それを察した鰤が、内に脂を貯え、おいしい。

見つけた!大きなカマが売れ残って半値。きっと大きすぎて売れないのだろう。

晩年の伯母を、たいそう可愛がってくれたヘルパーさんが、遊びに来る。

その献身的な介護は、伯母を里子に出したいと思うほどだった。「スーパーヘルパーさん」の尊称を差し上げ、今でも感謝している。

二人ならこの大きさでも大丈夫だろう。

塩焼きにと購入したが、大きくて魚焼きに入らない。仕方なくオーブンにて対応。上手に仕上がった。

付け合わせの万願寺とうがらしは、お隣のお嬢様から、猫の世話のお礼にと。家庭菜園の産物だそうだ。

こんな高いお野菜は自分では買えない。ありがたく頂戴した。

キャンドルライトにして、伯母を偲んだ。

したがって写真は、少し暗い。

|

« 市井の人 | トップページ | すでに色づきて…。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遅いコメントになりました。

少しアンダー目の写真が良い雰囲気ですよ。
スーパーヘルパーさんとの会話も
さぞ弾んだことでしょう。

投稿: e-g-g | 2008年9月22日 (月) 12時29分

e-g-gさん、コメントありがとうございます。このカマはとっても美味しかったです。
食卓の上のライトが白っぽくて、電気をつけたままだと、食べ物の色がきれいに出ません。お肉は特にその傾向があります。そこで電気を消し、キャンドルライトだけで撮りました。一応三脚を使って。暗い時の撮影は難しいです。食卓の上のライトを今度変えようと思っているのですが…。

投稿: anan | 2008年9月22日 (月) 15時26分

食べ物の写真は、
おおよそ赤っぽい光源の方が美味しく撮れます。
でも、普通の電球はちょっと赤すぎますね。
カメラのホワイトバランスを変えると、
うまく撮れることもあります。

いずれにしても真上からの光りは
料理の陰影を消し、美味しさを出せません。
斜め左上からの一灯、これが料理を撮る際の基本です。
キャンドルライトだけ、それも斜めからと思いますけど、
これ大正解ですよ。

投稿: e-g-g | 2008年9月24日 (水) 23時25分

e-g-gさん、おほめいただき嬉しいです。偶然ですが、それでよかったのですね。ISOをあげて撮れば良かったと思います。またご教示ください。

投稿: anan | 2008年9月26日 (金) 12時47分

この記事へのコメントは終了しました。

« 市井の人 | トップページ | すでに色づきて…。 »