バラ

レディ・ヒリンドン Lady Hillington

Dscn0683_2

秋バラがようやく咲き始めた。
我が家のもう1人の Lady は、ほんとに優雅。
秋空に映える。
オールドローズの花首は弱く、うつむきかげんに、密やかに。

| | コメント (16)

ばら・ばら・ばら・ばら

145_4536

129_2914

129_2950

Img_6894

花冷えを通り越し、冬が戻ってきたかのような4月が終わると、5月の連休は初夏の光で焦がされるが如し。

ベランダは陽光満ち、一斉に花々が咲き揃った。4種のバラも次々と開花。まるで「自分が一番きれい!」と競うように。

この4鉢は、2月に友人の助けを借りて植え替えた。その時はまだ右肩が動かせず、彼女の助けなくしては植え替え不可能。

O’Kei 、ありがとう!あなたのお陰で、今年もバラが楽しめた。感謝してる。

必要な時に、そっと手を差し伸べてくれる友人がいる。なんて幸せなんだろう。

花は上から、オーガスティン・ギノワッソ、レディ・ヒリンドン、オレンジマザーズデイ、名前知らずの白つるバラ(友人からのおすそ分け)。

オーガスティン・ギノワッソとレディ・ヒリンドンは特に芳香高く、散った花弁を集めては、玄関やバスルームに置いている。

| | コメント (5)

5月のベランダ

_1_2  130_3021 新型インフルエンザに巻き込まれ、過ぎてしまった皐月のべランダ。

ありがとう。どれほど慰められたことか。

Img_5453_1 Img_5463 Blogprof_1

| | コメント (0)

レディ・ヒリンドン開花

Img_542009_1 暖かいせいか今年のバラの開花は早い。

我が家のベランダには、もう一人のLady、レディ・ヒリンドンがいる。

毎年のことだが、バラの開花ほど心躍ることはない。

朝早く起き、刻々と開く様子を眺める。

おちょぼ口が、あっという間にほころび始め、豊かに崩れる。

 

09_1 杏子色の花弁は朝日で黄金色に輝く。

開花とともに、Lady との称号にふさわしい高貴な香りを放つ。

Img_544109 昼ころにはこのように。

(実際の開花は4月30日でした。)

| | コメント (2)

ベランダは花盛り

Img_2401 レディー・ヒリントン。オールドローズなので、花首弱く、花の重さで、うつむいてしまう。この姿が好きだ。

が、それだと花が見えないので、ローアングルで。

Img_2405 クレマチスはもう満開。

Img_2403 そしてオーガスティンは、一輪が開花。

Img_2402 あとの蕾は、デヴューを待っている。

朝のベランダは香りにむせぶよう。

| | コメント (2)

今年最後のバラ(2)

Img_1469 もう開かないと思っていたバラの蕾が、寒の緩みでほどけ始めた。何やら得をした気分。

| | コメント (0)

今年最後のバラ

この冬一番の冷え込みの朝。たぶん今年最後の花となるであろう。寒そうに咲いていた。Img_1455

まだいくつか蕾もあるが、もう開かないかもしれない。

一年間、何度も返り咲いてくれた。

今年も楽しませてくれてありがとう。

| | コメント (6)

ヨークの白バラ

134_3470 暑い毎日。

残暑見舞いに、白バラをお送りする。

ロンドンから北へ300km。イングランド北部の中心、ヨーク。紀元71年、ローマ人によって創建された街は、アングロ・サクソン人、ヴァイキングの手を経て、11世紀のノーマンコンケストのあと、イングランドに併合された。

町の中心には、大聖堂、ヨーク・ミンスターがそびえたつ。

このバラはその中庭で撮った。

| | コメント (2)

2番花

Img_0911 ベランダでは次々とバラがかえり咲く。花を、いつまでも残しておくと株が傷むそうだ。アドバイスに従い、毎日切って部屋に。

花屋で買うのと違い、今日切った花、昨日切った花、少しずつ状態が違うものが、一つの花瓶で香る。

ホッとする朝のひと時だ。

| | コメント (2)

一番花

一番花が咲きました!

Img_0274 Img_0277 Img_0288 Img_0291_1 Img_0299 Img_0302

| | コメント (0)

より以前の記事一覧